ライオン ソフランアロマリッチ 「信号待ち」篇