手を引かれて歩く旅行体験VR!「WONDERFUL WORLD - VR Private Tour™」の試作版を発表日本初のVR体験システムで「行ってみたい」という感情を刺激する

株式会社AOI Pro.(本社:東京都品川区、代表取締役:中江康人、以下AOI Pro.)は、人に手を引かれながら世界や日本の素晴らしい場所を散策する体験ができるVRコンテンツ「WONDERFUL WORLD – VR Private Tour™」の試作版を発表しました。

「WONDERFUL WORLD – VR Private Tour™」について

「WONDERFUL WORLD – VR Private Tour™」は、世界や日本の各地にある”とっておきの景色”の中を案内役の人物に手を引かれながら散策する体験を通じて、「ドキドキする」「実際に行ってみたい」という感情を刺激するVRコンテンツです。360度実写映像と立体音響による臨場感、体験者が実際に行う「歩く」という動作、触ることができる「手」、風やミストの「体感」がすべてシンクロすることにより、すっぽり包まれるような没入感を実現しました。今回の試作版では、関東地方のとある場所を女性に案内してもらいながら楽しむことができます。

  • 3D表示の性質上、目の成長に影響を与える恐れがあるため、対象年齢は13歳以上を想定

体感と映像のシンクロを実現した日本初のVR体験システム

VRの歩行装置はいくつか発表されていますが、より自然に足を運ぶ歩行体験にするため、筑波大学システム情報系岩田洋夫教授から歩行装置「トーラストレッドミルmini」※の貸与を受け、本コンテンツの開発に活用しました。「手」(誘導アクチュエータ)を握ることで安定して歩行ができるようになり、「ハーネスも安全柵も不要のVR歩行装置」を実現しました。「誘導アクチュエータ、体感装置、歩行装置を組み合わせて映像にシンクロさせるVR体験システム」は、日本初となります(特許出願中)。
「手」「風」「ミスト」の体感装置の開発とプログラム制御には有限会社プロトタイプ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:渡辺光章)、映像と立体音響の実装にはグループ会社の株式会社デジタル・ガーデン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:足立晋一)の協力を得て、体感と映像を違和感なくシンクロさせることに成功しました。
360度映像撮影の監修は国際VR/AR製作スタジオNOMA(管理会社:New Atama LLC.、東京都港区、代表取締役:加藤慶也)から、撮影から編集までのテクニカルサポートはグループ会社の株式会社TYOテクニカルランチ(本社:東京都港区、代表取締役社長:蛯原潤)から受けており、映像と技術のスペシャリストが開発に携わっています。

  • ベルトコンベアを複数並べることで縦、横、斜めなど全方向の動きを再現できる歩行装置

体験者の行動と反応をモニタリング、活用を検証

ヘッドマウントディスプレイには着用者の視線を追跡(アイトラッキング)ができるFOVEを採用し、開発段階からFOVE, Inc.(東京支社:東京都港区、代表取締役:小島由香)の協力を得ることで体験者の行動と反応をモニタリングしています。今後は商業施設、旅行会社、国内外航空会社、各国観光局、観光協会、各都道府県アンテナショップなどでの活用を見据えています。「見たことのない世界を体験したい」という欲求を体験とデータを使って刺激する検証を行い、実用に向けた開発を進めていく予定です。

「心を動かす」体験コンテンツ開発への取り組み

「WONDERFUL WORLD – VR Private Tour™」は、2016年9月に発表したリアルな野球体験を可能にする「VR Dream Match™ Baseball」に続き、AOI Pro.が手がけた第2弾のVRコンテンツです。
AOI Pro.がこれまで映像制作で培ってきた「心を動かす」コンテンツを作る力を活かし、今後も映像とテクノロジーを融合させた体験コンテンツの開発に積極的に取り組んでまいります。

各社概要

AOI Pro.について

1963年の設立以来、テレビCM制作を中心とした映像プロダクションとして国内で業界トップクラスの地位を確立。年間平均600本を超えるCM制作に加え、近年は映画やドラマの制作も積極的に行っている。AOI TYO Holdingsの100%子会社として、グループ内に企画、演出、プロデュース、3DCG制作、最新機材など必要なリソースを備えている。

商号 株式会社AOI Pro.
代表者 代表取締役 中江 康人
所在地 東京都品川区大崎1-5-1
設立 1963年10月25日
事業内容 テレビコマーシャルの企画及び制作
デジタルコンテンツの企画及び制作
エンタテイメントコンテンツの企画及び制作
資本金 33億2,390万円
URL http://www.aoi-pro.com/

筑波大学 システム情報系 岩田洋夫教授について

バーチャルリアリティ、特に触覚や歩行感覚などの身体感覚の提示技術に関する研究を1986年以来行ってきた。2015年には、人の機能を補完し、人とともに協調し、人の機能を拡張する「エンパワーメント情報学」を立ち上げ、その拠点として「エンパワースタジオ」を開設した。

名称 筑波大学 システム情報系 知能機能工学域
教授 岩田 洋夫
所在地 茨城県つくば市天王台1-1-1
プロジェクト内容 バーチャルリアリティにおける体性感覚提示技術に関して、様々なアプローチを行う

プロトタイプについて

ソリューション提案からデザイン、開発、空間演出、製作までをワンストップで行うクリエイティブスタジオ。特にインタラクティブなコンテンツ製作や映像製作には定評があり、デバイス連携による環境制御(照明、プロジェクション映像等)やインスタレーションプロダクト化なども行っている。

商号 有限会社プロトタイプ
代表者 代表取締役 渡辺 光章
所在地 東京都世田谷区羽根木1-19-15 H.I.G B棟03
設立 2004年2月
事業内容 インタラクションデザイン
プロトタイピング
インスタレーション企画・制作
コンピューターソフトの企画・開発・コンサルティング業務
公共施設及び商業施設、展示会等においての空間設計及び映像製作
オリジナルプロダクツ開発・製作
URL http://proto-type.jp/

デジタル・ガーデンについて

AOI TYO Holdingsのグループ会社。テレビCMを中心とした映像の編集およびカラーグレーディング等に加え、3DCGやインタラクティブコンテンツの企画制作も行うポストプロダクション。近年は撮影の段階から映像制作に携わり、効果的なワークフローの構築を進めるなどポストプロダクション業務のみにとどまらない事業を行っている。

商号 株式会社デジタル・ガーデン
代表者 代表取締役社長 足立 晋一
所在地 東京都渋谷区恵比寿2-36-13 広尾SKビル3F
設立 1998年5月
事業内容 CGの企画および制作
コンピュータによる映像・オーディオの編集
デジタル技術による映像の送受信事業
上記に付帯する一切の業務
URL http://www.dgi.co.jp/

NOMAについて

2016年4月に、日本・アメリカ・ロシア等のメンバーから構成された国際映像製作スタジオ。太一(監督・プロデューサー/EDLEAD inc. CEO 米国カリフォルニア)が発起人となり発足。同年10月1日に正式始動が発表された。監督・プロデューサー・アクター・シネマトグラファー・作曲家などが所属し、企画開発から運営管理まで映像製作の全てをチーム内で完結。最新鋭の映像表現を追求する、技術者・研究者・クリエイター・アーティスト・事業家なども参加している。実写VR映像製作をコアコンピタンスとしている。

名称 NOMA
管理会社 New Atama LLC. (代表取締役:加藤慶也)
運営会社 株式会社EDLEAD-japan- (設立:2009年)
所在地 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー
事業内容 日米での、劇場用映画、テレビコマーシャル、インスタレーション開発、企業ブランディング映像他、VR/ARコンテンツ等のプロデュースおよび、企画開発、制作一般
国際映像スタジオNOMAの運営と制作
URL https://www.noma-film.com/

TYOテクニカルランチについて

AOI TYO Holdingsのグループ会社。カメラマン・ギャファーなど技術スタッフと共に、撮影機材・照明機材を所有し編集までそれぞれ専門のチームを持っている。映像制作に関するソリューションをワンストップで提供している。

商号 株式会社TYOテクニカルランチ
代表者 代表取締役社長 蛯原 潤
所在地 東京都港区南麻布4-11-30 南麻布渋谷ビル
設立 1990年9月
事業内容 撮影・照明スタッフ及び撮影機材レンタル事業
照明機材レンタル事業
ポストプロダクション事業上記に付帯する一切の業務
映像制作事業
URL https://www.ttr-inc.co.jp/

FOVEについて

VRに関するウェアラブルハードウェア・ソフトウェアの開発、製造、販売。赤外線カメラで捉えた視線の動きをもとに、世界で初めてVR空間内で“眼の動き”による操作を可能にした。「アイトラッキング」とコア技術を先行開発。

商号 FOVE, Inc.
代表者 代表取締役 小島 由香
所在地 東京都港区北青山2-9-5 スタジアムプレイス青山 7F
設立 2014年5月12日
事業内容 VRに関するウェアラブルハードウェア・ソフトウェアの開発、製造、販売
URL https://www.getfove.com/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社AOI Pro.

コンテンツに関するお問い合わせ VR/ARプロジェクトチーム
TEL: 03-3779-9410 メール: info_vr@aoi-pro.co.jp
取材に関するお問い合わせ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03-3779-8006