AOI Pro.グループ会社 SOOTHの脳波計測・解析とVR技術を、アース製薬の消臭芳香剤の消費者調査に活用ニオイに関するニューロマーケティング調査を実施

株式会社AOI Pro.(本社:東京都品川区、代表取締役社長:潮田一)のグループ会社である、SOOTH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:額田康利、以下SOOTH)は、アース製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:川端克宜)が発売したお部屋用の消臭芳香剤「お部屋のスッキーリ!Sukki-ri! プレシャスソープの香り」(以下「お部屋のスッキーリ!」)の消臭効果に関する消費者調査にて、VRによる環境再現と、脳波計測・解析によるニューロマーケティング調査を行いました。

これまで人が消臭芳香剤の消臭効果をどのように実感するかは主観的に評価されてきましたが、本調査では脳波を計測することで客観的に調査しました。調査詳細については、香りの機能性と効用の学際的専門誌「AROMA RESEARCH No.78」2019年5月号(フレグランスジャーナル社発行)に掲載を予定しています。

SOOTHはセンシング技術を用いて人の生体反応、行動などを捉え、さらに検証方法や解析手法をデザインして組み合わせることで、マーケティング支援や事業効率化支援、また社会の様々な課題解決を目指してまいります。

ニオイに関するニューロマーケティング調査概要

VRによる環境再現のもと脳波計測を実施し、お部屋のニオイを嗅いだときと、「お部屋のスッキーリ!」を使用しお部屋のニオイを消臭したときの気分の安定度調査を行った結果、お部屋のニオイを消臭すると気分の安定度が21%高まることが分かりました。

(左から) ニオイ呈示装置/SOOTH製、VRと脳波計での調査、リビングルームVR映像/SOOTH制作

調査方法

VRヘッドマウントディスプレイを装着した対象者に、VRによる環境再現でリビングルーム映像(SOOTH制作)を見せながら、ニオイ呈示装置(SOOTH製)を使ってニオイを呈示し、その際の脳波をMindWave(ニューロスカイ製)にて計測。
ニオイ呈示装置では、無臭空気を60秒間、調査対象品1、2のいずれか1つを60秒間、無臭空気を60秒間と連続して180秒間ニオイを呈示。初めの60秒間の脳波をコントロール(100%)とし、その変化率を確認。(調査対象品については以下「調査内容」を参照)

調査結果

この検証と解析を通じて、「消臭芳香剤がお部屋のニオイを消臭していること」を対象者が脳で無意識的に実感できていることが分かりました。

「気分の安定度」
左図:お部屋のニオイを嗅いだとき、右図:お部屋のスッキーリ!で消臭したニオイを嗅いだとき

監修・東京工業大学 中本高道教授のコメント

ニオイと脳の関係は非常に興味深いものがあります。近年、香りの感性評価が行われていますが、今回のように商品そのものの評価を行った例はまだ多くありません。特に、VRを使って環境を再現し、生活臭に対する消臭芳香剤の効果をヒトはどのように感じているかを調べたことは初めての試みではないかと思います。脳波の解析結果から「お部屋のスッキーリ!プレシャスソープの香り」は、生活臭よりも安定度を高めることが検証できたことで、嫌なニオイをすっきりさせることが期待できるかもしれません。今回の調査は、ニオイはヒトの感性に影響し、消臭芳香剤が生活臭を消臭した時の感性を検討したものとして、大変有意義なことだと考えます。

調査内容

対象品 1.お部屋のニオイ(お部屋のニオイの構成成分のうちの1つイソ吉草酸を使用) ※1
2.「お部屋のスッキーリ!」の香気成分に上記1を加えたもの ※1、2

※1:フレックサンプラーを用いて各香気を集め、6段階臭気強度表示法に基づき臭気強度が3~4となる濃度に調整(臭気判定士の判断に基づく)
※2:開封後35日目の製品を使用(日当たりの良い場所を避け、風通しの良い場所に設置)
対象者 お部屋用の消臭芳香剤を利用している30~50代(平均年齢43.9歳)の成人女性25名
監修 東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 中本高道(ニオイの呈示方法に関する監修)
株式会社ニューロスカイ(脳波取得方法および解析に関する監修)

本調査におけるSOOTHの役割

今回のニューロマーケティング調査では、調査全体の体験設計、ニオイ呈示装置の開発、VR映像の制作、消費者実査の運用、バイタルデータの取り扱いと解析を担当しました。

SOOTH(スース)株式会社 概要

代表者 代表取締役 額田康利
所在地 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー 16F WeWork
設立 2018年2月1日
資本金 3億2,000万円(資本準備金を含む)
事業内容 体験設計コンサルティング
生体反応データ収集・活用を伴うコンテンツ企画・制作
サービス・ソリューション開発

本件に関するお問い合わせ先

サービスに関するお問い合わせ SOOTH
お問い合わせフォーム https://www.sooth.co.jp/contact/
取材に関するお問い合わせ AOI TYO Holdings 広報チーム
03-3779-8006